実在の人物について

セクシャリティ問題を考えさせられるLGBT映画特集

どれくらい有名人だったのか

この映画では実際の人物であるリベラーチェというピアニストがテーマとして挙げられています。当時を知っている人たちにすれば、この人の人気はそれはもう凄かったの一言で語られているほどだ。ただそんな人のことを知らない人も当然いるでしょう、筆者も調べる前はこの方の名前も生い立ちも、作品についても知りませんでした。そんな大昔の話、といった例えが出来るくらいの時間ほどにリベラーチェという人間がいたという。

ではこの方がどういう人だったのかというと、芸歴としてみれば後に偉業や後に音楽シーンで活躍することとなる人々に大きな影響を及ぼしたと言われてる。ざっと紹介すると、

  • アメリカ大統領の前でピアニストとして演奏した
  • 派手な衣装とパフォーマンスは、エルヴィス・プレスリーなどに影響を与える
  • インテリ層からは毛嫌いされていたが、大衆性については抜群だった

こんな感じだ。

また彼には同性愛者としてのゴシップも多かったことから、何かとメディアに追われる身でもあったことも有名です。そんなリベラーチェですが、晩年までどのような人生を歩んでいたのか、その道にどのような難所があったのかを見てみよう。

リベラーチェの過去

幼少時

リベラーチェが誕生したのは1919年という、世界各地が激動の時代に呑まれようとしている1919年に生まれました。アメリカの中西部の最北に位置しているウィスコンシン州にてポーランド系のアメリカ人一家にて生まれました。元々音楽一家としても知られていたリベラーチェの家は必然と自分たちの子供に楽器を教えていました、それはリベラーチェも他でもありません。そんな家庭に生まれたおかげか、彼は幼少期から受けていたクラシックピアノのレッスンを続けたおかげで、こちらも世界的有名なピアニストとして知られていた『イグナツィ・パデレフスキ』から、幼くしてその才能を評価されていたのです。この頃からすでにリベラーチェの道が決められていた、そう言えるのです。

本人としても音楽で生計を立てて、いつかは本物のクラシックピアニストとして大成できるように頑張っていましたが、程なくして訪れたアメリカの大恐慌の前にピアニストとしての道を諦めなくてはならない現実が、リベラーチェの前に立ちふさがります。

人気沸騰とエンターテイナーとして

恐慌という経済危機によってまともに生活基盤の確保も難しくなった時代で、リベラーチェはこれからの事を考えると音楽で生計を立てるにはナイトクラブやキャバレーにて一家の生活費を稼ぐことに尽力していきました。それが大体10代になって間もないころの話、ですがそんな経験によって得られた物も大きく、やがてナイトクラブの中でも芸能人が利用するような高級クラブでの演奏を行うようになり、その高い実力からハリウッド・スターからの評判も上がっていったと言われています。

そうした口コミが集まったことで、リベラーチェはたちまちメディア出演するほどの人気を獲得し、1950年代にはアメリカの人気音楽番組に出演するようになるなどその名前がアメリカ全土へと広がっていき、後にホワイトハウスにも招かれて大統領の目の前でピアノを演奏することにもなったのだった。

リベラーチェのピアニストとしての実力は高く評価され、後にイギリスにおいてもテレビや映画にも出演するなどして、アーティストと言うよりはアイドル的な活躍をするようになります。全米に留まらず、一躍世界的有名なスターという下に活躍をすることとなった。

大衆性が強かった分

ただリベラーチェというアイドルの存在は一般市民からは好感度を持たれていましたが、少し上品な人々からはそのスタイルは受け付けられないとしてあまり良く思われていなかったこともあったという。大衆性に優れていながらも、インテリ性という方面においてはからっきし不人気だったと言わざるをえないリベラーチェならではだったのかもしれません。それを助長したのが、彼が ステージ上で着こなしてみせた派手な衣装が原因だったと言われています。

かつてアメリカは固執的なほど保守社会だったこともあって、当時の芸能人もまたそれに倣ってシックな装いなどをするのが当たり前だと言われる社会だった。1960年代からその傾向も弱くなっていったこともあって、リベラーチェもありのままに表現できるとして取り入れていったことが、後々エルヴィス・プレスリーといった名スターを生み出したのだから凄いことだ。

晩年において

最初は場末のクラブで演奏をしていたしがないピアニストでしたが、クラシックでは生きていけない時代になったことでジャンルも変更して自分なりの流儀を表現でいるスタイルにし、それからは怒涛の勢いでその名を馳せていきました。ですがそんなリベラーチェも病に勝つことは出来ず、AIDSによってその体は蝕まれていましたが、体が動く最後の瞬間まで演奏活動を止めること無く、1987年に逝去するまで続けられたと言われています。

リベラーチェの人気は本物らしく、現在でも彼のことを尊敬に値する人として多くの音楽家の卵たちからそう見られていると言われています。1900年代中盤に活躍していたという意味で見れば、忘れられないと取れる人もいるのかもしれません。

これは見といたほうがいいですよ

タイ ホテルを格安にて案内します。

↑PAGE TOP